#05 Stoの性能を教えて貰い迷わず採用しました

こんにちは!
株式会社匠屋のこんどう(@Takumiya_style)です。弊社がある松本市ではようやく桜が咲き始め、やっと「春が来た!」といった感じです。

松本には桜の名所として松本城が有名ですが、個人的には弘法山古墳が好きで毎年行っています^^

弘法山古墳 – 松本市ホームページ (city.matsumoto.nagano.jp)


香川県高松市 株式会社 オー・エス様にインタビューを行いました!

Sto取扱店・JSPAメンバーの株式会社オー・エス 岡光社長

香川県高松市で新築・リフォームの現場の屋根・外壁工事を行う
株式会社オー・エス。15年以上塗り壁に携わるお仕事をされている会社が、なぜStoの導入を決意されたのか。その理由や、導入してみた感想についてお話を伺いました!

「安定した利益確保ができない事が悩みでしたが、Stoの性能を教えて貰い迷わず採用しました」

Sto導入前は、工務店から大壁工法の見積もり依頼を受けても価格競争は激しく、安価での受注が多かったそうです。また、施工後に汚れやクラックなどの不具合による対応も非常に多くなっていて、利益の確保が困難だったそう。

そんなオー・エス様がStoを導入してどのように業務改善されたのか、詳しくお話をしていただきました。

 


Sto Life Style Mediaのおすすめ記事

Stoとcasaがコラボして発信するメディア「sto Life Style Media」より、お勧め記事のご紹介♪

今回は弊社所在地である長野が誇るグランピング施設「From P」のご紹介です。

夏はキャンプ、冬はスキー・スノーボードと、豊かな自然を生かしたアクティビティを楽しめる事で観光地としても注目されている白馬市の八方エリアに 今年2月にオープンしたグランピング施設 「From P HAKUBA」。

ドーム型のテントとプライベートサウナがセットになったフォトジェニックでリッチな空間は一見の価値ありです!

今流行りの「サウナ」にも、この土地ならではの楽しみ方が。

白馬ではGWのあたりまで、スキーやスノボが楽しめるほど雪があります!

気になるテントの内装や食事のことなど、さらに詳しくは記事をご覧ください!

snow peak LANDSTATION HAKUBA もオススメ♪

こんどうの個人的なおすすめもご紹介しますっ!
「スノーピーク」が運営するアウトドアレジャー施設
LANDSTATION HAKUBA」。
世界的な建築家である 隈研吾氏がデザインした複合レジャー施設になっております。

手ぶらでキャンプ体験ができる宿泊施設や、スノーピークの直営店はもちろんのこと、地産の食材を使用し日本食のレストラン、スターバックスとコラボした野遊び体験のできるカフェなど、日帰りでもとっても楽しめる施設ですので、ぜひ長野に来た際は訪問をお勧めいたします♪
週末マルシェが開かれていると、実際にスノーピークのテントやアウトドアアイテムをチェックしながら、地元のおいしいフードを食べて満喫することもできます^^
以上、長野自慢でしたっ(笑)↓本日ご紹介した詳細記事はコチラから↓

匠屋ch.-たくみやチャンネル- 今日の1本

不定期で更新しているYouTubeチャンネル「匠屋ch.-たくみやチャンネル-」より、今回皆様に見ていただきたい1本がコチラ!
前回ご紹介しました木造外張り断熱システム「Sto HolzTherm(シュトーホルツサーモ)」の施工動画をさらに詳しくご紹介する動画なのですが、全てを一度に紹介するととっても長くなってしまいますので、テーマ別にご紹介しています。

今回は「EPS使用材料」について。Sto専用のEPSと、施工用の副資材についてご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

ホルツサーモとはEPS断熱材という軽量素材を用い、その上からStoの塗り壁材でベースコート・トップコートを塗って仕上げる外壁施工のこと。外張りなので新築はもちろん、リフォームでの導入も可能です。